| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬の聖歌

この世の中では親友でさえ、あなたを裏切り、敵となる事がある。
愛情をかけて育てた我が子も深い親の愛を
すっかり忘れてしまうかもしれない。
あなたが心から信頼してる最も身近な愛する人も
その忠節を 翻すかもしれない。

富はいつか失われるかもしれない。
最も必要とする時に、あなたの手にあるとは限らない。
名声はたった一つの思慮に欠けた行為によって
瞬時に地に堕ちてしまうこともあるでしょう。

成功に輝いてるときは、ひざまずいて敬ってくれたものが
失敗の暗雲があなたの頭上をくもらせた途端に
豹変し、悪意の石つぶてを投げつけるかもしれない。

こんな利己的な世の中で決して裏切らない恩知らずでも不誠実でもない
絶対不変の唯一の友はあなたの犬なのです。


あなたの犬は、富める時も貧しき時も健やかなる時も病める時も
常にあなたを助ける。
冷たい風が吹きつけ、雪が激しく降る時も
主人のそばならば冷たい土の上で眠るだろう。
与えるべき食物が何一つなくても、手を差し伸べれば
キスしてくれ世間の荒波にもまれた傷や痛手を優しく舐めてくれるだろう。
犬は貧しい民の眠りを、まるで王子の眠りのごとく守ってくれる。

友が一人残らずあなたを見捨て立ち去っても、犬は見捨てはしない。
富を失い名誉が地に堕ちても、犬はあたかも日々天空を旅する
太陽のごとく、変わることなくあなたを愛する。

たとえ運命の力で友も住む家もない地の果てへ追いやられても
忠実な犬は共にある事以外何も望まず、あなたを危険から守り敵と戦う。
すべての終わりがきて、死があなたを抱き取り骸が冷たい土の下に葬られる時
人々が立ち去った墓の傍らには、前脚の間に頭を垂れた気高い犬がいる。
その目は悲しみにくもりながらも、油断なく辺りを見まわし
死者に対してさえも、忠実さと真実に満ちているのです。


コレは
19世紀、アメリカ合衆国ミズーリ州で起きた、ある犬の射殺事件をめぐる裁判において、
上院議員ジョージ・ベストが行った弁護論の一部です。
スポンサーサイト

| 知っておきたいこと | 08:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もう一つの虹の橋

天国とこの世を結ぶ橋があります。
その橋は、その色合いから「虹の橋」と呼ばれています。
「虹の橋」の1歩手前には、草原や丘、青々とした緑あふれる谷があります。
愛しい動物達は、命を終えるとそこへ行くのです。

そこにはたくさんの食べ物と水があり、いつも春のように暖かです。
年をとって体が弱っていた動物は、ここへ来て若さを取り戻し、
体が不自由になっていた動物は、元どおりの元気な姿になります。
そして、1日中いっしょになって走ったり遊んだりしているのです。


その子たちの中には、様子の違う子もいます
打ちのめされ、お腹を空かし、苦しみ、
誰からも愛されることのなかった子達です
仲間達が一匹、また一匹と、それぞれの特別な人と再会し、
橋を渡って行くのを、羨ましそうに見つめているのです

この子達には、待つべき特別な人はいません
地上にいる間、そんな人は現れなかったのです

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます
その人も、そこで繰り広げられる再会を羨ましげに見つめているのです
生きている間、彼は愛すべき友と暮らした事がありませんでした
そして彼もまた、打ちのめされ、お腹を空かし、苦しみ、
誰からも愛されなかったのです

ポツンとたたずむ彼に、愛された事のない子が近づいていきました
どうして彼は独りぼっちなんだろうと、不思議に思って…
愛されたことのない子と、愛されたことのない人が近づいた時…
奇跡が起こるのです

二人は、地上で巡り逢うことのできなかった、特別な人と、その友だったのです
この虹の橋のたもとで、ふたつの魂は出会い、苦しみも悲しみも消え、
友として巡り逢えたのです
彼らはともに虹の橋を渡り、もう二度と離れることはないのです

<作者不詳>

| 知っておきたいこと | 08:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虹の橋

天国へと続く道の途中に、虹の橋があります
貴方の愛した友は、いのちを終えるとそこへ行くのです
そこは、見渡す限り美しい緑の丘が続いています
水も食べ物も沢山あって、暖かい光につつまれた、とても気持ちの良い場所です
貴方の愛した友は、仲間と集まって、一緒に遊んだり、走ったり…
とても楽しく暮らしています

病気だったり、年老いていた友も、かつての若さを取り戻し、
身体が不自由だった友も、元気な姿で遊びまわります
過ぎ去りし日の思い出の中の姿、そのままに…

だけど、友にはたった一つ、心残りがあります
それは、大切な貴方を残して来てしまったこと…

彼らは、毎日走り回り、遊んでいます
でもある日、友は突然遊ぶのを止めます
キラキラ輝く目で遠くを見つめ、嬉しさで体をうち震わせます
そして、群から飛び出し、緑の丘を走り出すのです
早く、早く、一生懸命走るのです

ついに、貴方と最愛の友は再会できたのです
強く抱きしめ合い、もう二度と引き裂かれることはありません
友は貴方にキスの雨を降らせ、貴方のその手は友の愛しい体を撫でるでしょう
そして貴方は、長い間一時も忘れることのなかった、
その信頼に満ちた友の目を、もう一度見つめるのです

貴方と友は、ともに虹の橋を渡って、天国へ行くのです



| 知っておきたいこと | 08:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬の十戒

1. My life is likely to last ten to fifteen years.

私の一生は10~15年くらいしかありません。

Any separation from you will painful for me.

ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。

Remember that before you buy me.

私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。


2. Give me time to understand what you want of me.

私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。


3. Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.

私を信頼して下さい......それだけで私は幸せです。


4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

You have your work your entertainment and your friends.

 あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。

I have only you.

でも……私にはあなただけしかいないのです。


5. Talk to me sometimes.

時には私に話しかけて下さい。

Even if I don't understand your words, I understand your voice when it's speaking to me.

たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、
私に話しかけているあなたの声で理解しています。


6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.

あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。
私はそのことを決して忘れません。


7. Remember before you hit me that l have teeth that could easily crushthe bones of your hand
but that I choose not to bite you.

私を叩く前に思い出して下さい。
私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、
私はあなたを噛まないようにしているということを。


8. Before you scold me for being uncooperative obstinate or lazy,
ask yourself if something might be bothering me.

私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に
私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。

Perhaps I'm not getting the right food or I've been out in the sun too long
or my heart is getting old and weak.

適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと


9. Take care of me when I get old ; you, too, will grow old

私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。


10. Go with me on difficult journeys.

最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。

 Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence."

「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」
なんて言わないでほしいのです。

Everything is easier for me if you are there.

あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。

Remember I love you.

そして・・・どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。





Author Unknown
作者不詳

| 知っておきたいこと | 08:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。