| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワンコの食事 NG

ワンコと一緒に生活するうえで知っておかなきゃいけないことの一つ

ワンコに絶対に与えてはいけないものリスト

【アルコール】 場合によっては死に至る!! 
 ビール・焼酎・ウィスキー、どれも全てダメ。
 量によっては呼吸困難や痙攣を引き起こし死に至る。

【カフェイン】 不整脈を起したり心臓や神経に異常が起こる!! 
 カフェインには中枢神経を興奮させる働きがあり、わんちゃんが摂取すると
 不整脈をおこしたりします。

【チョコレート】 中毒症状や心臓発作を起し死に至る場合もある!!
 チョコレートに含まれるテオブロミンを代謝することが出来ない為
 下痢や嘔吐などの中毒症状のほか心臓発作や心不全におちいる事もある。

【ねぎ類】 赤血球が変形し中毒を起す!!
 玉ねぎや長ネギに含まれる化学物質によって溶血性貧血と呼ばれる症状を起す。
 火を通すなどの調理をしても中毒は同じなのでネギの入った汁もNG。

【甲殻類】 胃腸障害や下痢・ふらつきを起す。
 イカ・タコ・エビ・かになどの甲殻類は消化不良や嘔吐の原因になります。
 生のイカなどは足のふらつきなども引き起こす。

【香辛料】 心臓や肝臓に負担がかかる
 胃が過剰に刺激され内蔵に負担が大きくかかるため、場合によっては
 肝機能障害や高血圧を引き起こす。

【生卵の白身】 加熱すればOK
 生卵の卵白に含まれるアビジンというタンパク成分がビタミンB群の一種
 ビオチンの吸収を妨げ欠乏症になります。

【じゃがいもの芽】 ジャガイモ自体は加熱すればOK
 加熱すれば問題は無いが、ジャガイモの芽と青い皮に含まれるソラニンは
 加熱しても中毒症状を引き起こす危険がある。

【ぶどう類】 ぶどうやレーズンも危険 
 ぶどう類に含まれるポリフェノールが嘔吐や下痢・腎不全をひきおこす。
 干しぶどうやレーズンなども危険。

【マカダミアンナッツ】 中毒
 原因は不明だが中毒をおこすので危険。
スポンサーサイト

| 食の豆知識 【食事編】 | 19:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワンコの食事 OK

【穀物】
 穀物類はミネラルと食物繊維が豊富なので、腸内活性にもなり、ストレスが緩和されます。
 玄米や穀物は消化しにくい場合があるのでミキサーにかけるか
 野菜と一緒に調理(煮込む)とダイエット効果やアレルギー効果に良いとされています。
 肉類と一緒に調理するのは好ましくないとの意見もある

玄米 
 白米の4倍にあたるビタミンのほか、脂質やカリウムなどの栄養素をバランスよく含んでいる。
 消化に良くないので、かなり加熱するかすりおろして与えるほうが良い

【果物】
 果物は食後1~2時間ほどたってから与えるほうが消化に良い。

バナナ
 バナナ1本でごはん茶碗1/2相当のカロリー。消化がよく、ビタミンやミネラルを豊富に含む。
 バランスのよい食材食物繊維のベクチンも多く含まれる食材。

りんご
 リンゴに含まれる水溶性の食物繊維、ペクチンは腸内に入り消化物やコレステロールなどを
 包み込んで排出、高血圧の予防・便通の改善・善玉菌の増加に役立ちます。
 栄養は皮の部分にあるため皮はむかずよく洗って与えると良い。

トマト
 ビタミンC、ミネラル類、アミノ酸やリコピンが豊富に含まる、栄養バランスがとれた野菜。
 食物繊維のペクチンを多く含むため、胃弱の子にはおすすめの野菜。
 ちなみにミニトマトのほうが栄養が高く好ましい

【野菜】
 野菜は食物繊維が豊富なので与えるほうが良いけれど
 細かく噛み砕く事が出来ないので、多くは消化せず排泄されてしまいます。
 みじん切りにして与えるほうが消化に良い。
 ほうれん草のようなアクのきつい食材は結石になる可能性が高いので注意が必要!!

じゃがいも
 ビタミンCが豊富で肉の毒素を消す働きがあり、アレルギーになりにくい。
 カリウムは筋肉の動きを良くし、腎臓機能の回復を助ける効果がある。

さつまいも
 ビタミンCと繊維が豊富。便秘を予防し、塩分の吸収を抑制する。
 皮の下に多くの成分が含まれているので、皮をむかずに調理するのが良い

かぼちゃ
 ビタミンとミネラルが豊富。特にベータカロチン(ビタミンA)や食物繊維も豊富。
 栄養素は皮に近い部分にあるため、薄く皮を切って使用すると良い。

 大根 
 でんぷん分解酵素・タンパク質分解酵素を含む。
 酸素は熱に弱いので大根おろしやスティックなど生が良い。

にんじん
 ビタミンAが特に豊富。鉄なども多く含む。がん予防と抗酸化作用がある。
 ビタミンCを壊さずに与えるために、生ですりおろしてから与えるのが良い。

モロヘイヤ
 ビタミンB1は糖質の分解を助け、精神を安定させ、疲労を防ぐ効果があるといわれる。
 ミネラル・ビタミンが豊富。

パセリ
 脂肪の酸化を防ぐカロチンが豊富で、動脈硬化予防になる。
 カルシウムの沈着を助けミネラルや骨を丈夫にするビタミンも豊富。

ピーマン 
 ビタミン類やミネラルが豊富。免疫力を高め牛肉に含まれる毒素を中和する成分を含む

小松菜
 カルシウムやビタミンB群、鉄などを多く含む。
 生のものは、“ナトリウムの排泄”を促して“高血圧”を予防する“カリウム”が豊富。

キャベツ
 胃腸の粘膜の新陳代謝を助けるビタミンU(キャベジンと呼はれる)と、
 骨粗しょう症に効果的なビタミンKの両方の作用で、消化不良を防ぐ効果がある。

白菜
 白菜は95%が水分の食材なので負担無く与える事が出来ます。
 カリウムが芯の部分に、ビタミンCは芯と外側の葉の部分に多く含まれている。

きゅうり
 きゅうりは全体の96%が水分で出来ているので、体温をさげる効果がある。
 特にカリウムが豊富で余分な塩分の排出。利尿作用があるので
 夏ばて防止に生で与えると良い。

レタス
 95%が水分のレタスはカロチン・ビタミンC・Eの組み合わせで、
 細胞の老化防止・抗癌作用に効果的です。
 また、カリウムが体の余計な塩分を排出し、食物繊維が便通の改善に役立ちます

ブロッコリー
 ビタミンCがレモンよりも多く含まれ、“癌予防”に効果がある。
 体内で、ビタミンAに変わる“カロチン”も豊富。
 ただ個体差があるが消化不良を起す場合があるため、加熱させ
 手作りフードに慣れてきた頃
に与えるほうが良い。
 ※但し、加熱は5分以内で無いと栄養素がなくなるので難しい食材の一つです。

ゴボウ
 糖分の吸収を抑制する作用があるため、糖尿病や肥満の犬におすすめしたい。
 必ずすりおろしてあたえるほうが良い


甲状腺の悪いワンコにはダメ~
キャベツ・芽キャベツ・蕪・大根・ブロッコリー・カリフラワー・小松菜・白菜
など。
グルコシノレートの含硫化化合物が含まれており、これが分解されて、イソチオシアネートになると、
ヨウ素の吸収を阻害する。ヨウ素は、甲状腺ホルモンの成分なので、
甲状腺の悪い犬には与えてはいけない

関節炎・呼吸器疾患・寄生虫感染のあるワンコはダメ~
なす・ピーマン・トマト・ジャガイモなど。
アルカロイドが含まれるため。健康な犬も、火を通して与えた方がよい。



【きのこ類】
キノコ類の成分は、体内でビタミンDに変化する。普段の生活では中々とりにくいビタミンDは
“カルシウム”の吸収を良くし、骨を丈夫にする働きがある
※きのこ類には不溶性の食物繊維が多く含まれます。必ず細かく刻んで与えるよう。

まいたけ
 血圧を正常に保つ“カリウム”や“ビタミンB1・B2”をキノコ類の中でも、最も多く含む。
 まいたけに含まれる“βカロチン”には、体内の免疫力を高める効果がある

干しいたけ
 紫外線にあたると“ビタミンD”に変化し、カルシウムの吸収を助ける効果がる。
 生より乾燥したものの方がビタミンB2が多い

しめじ
 ビタミンDを多く含み又過酸化脂質の生成を抑える“ビタミンB2”を多く含んで居るため、
 “癌”や“動脈硬化”の予防効果の予防に良い。

納豆
 納豆菌が消化酵素を分泌するため、消化吸収をしやすい。
 納豆に含まれるナットウキナーゼは、血栓を溶かす作用が期待できる


【肉】 
 生肉のほうが栄養価が高いので出産前後のワンコには特に良いらしい。
 人間と違って強力な胃酸を持っているので寄生虫などの心配は少ないらしいが
 現在の食料事情は少し怖いので、火を通すほうが安全かも。

レバー
 脂溶性ビタミン(A・D・K)がたっぷりだけど、たっぷりすぎ!
 多く取り過ぎると体内に蓄積されるため、与えすぎはNG

砂肝
 鶏の内蔵には疲労回復に効果があるビタミンが豊富に含まれる。
 レバーは鉄分が豊富だが、若干カロリーが高めなため、砂肝のほうがおすすめの食材

牛モモ肉
 良質のたんぱく質源。牛は部位によって脂肪の含有量が異なる。
 ももは脂肪分が少ない赤身の部分。アミノ酸やビタミンの葉酸を多く含む

鶏ささみ
 肉類の中で、最もたんぱく質が豊富で脂肪が少なく、
 糖質などの代謝に不可欠なビタミンやナイアシンを多く含み、
 血行を良くする働きがある

豚モモ肉
 他の肉類と比べ、ヒレの次にビタミンB1を多く含む。
 ビタミンB1は糖質の働きを助け、疲労回復に役立つ


【魚類】
 煮干し 
 カルシウムの宝庫なので、おやつとしても与えたい一品。
 塩分を含んでいるため、水で戻して与えるほうが好ましい。


 皮の部分に、皮膚や粘膜を保護するビタミンB6を多く含んでいる。
 身の部分には、リンの吸収を助けるビタミンDが多く含まれている

天ぷら、かまぼこ、ピザ、ソーセージ、ハム、叉焼、ウインナー、塩辛など
人間の為に作られた加工食品は、わんこにとって危険な添加物が使用されていることが多い。

| 食の豆知識 【食事編】 | 12:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1日に必要なエネルギー量

ちわわ(2Kg)に必要な一日のエネルギー量

{(30×2Kg)+70}×1.6~1.8≒208~234kcal
※性別や運動量・環境・体調によって変化したりするのであくまで目安。

去勢・避妊している場合は10%ほど
運動量が少ないや肥満・高齢期の場合は10~20%ほど減らす。
逆に運動量が多い場合は様子を見て10~20%増やす。


6大栄養素の中で特に必要な配分の目安。
タンパク質・脂肪・炭水化物の配分を決める。

①タンパク質:全体のエネルギー(kcal)×25%
②脂肪:全体のエネルギー(kcal)×25%
③炭水化物:全体のエネルギー(kcal)ー①-②


<食材で配分した場合>
肉:野菜:米=1:1:1
※肉・野菜はみじん切りにした目安



| 食の豆知識 【食事編】 | 13:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年齢と食事の話

【成長期 離乳後~約1歳】 最も栄養が必要とする重要な時期

成長期

骨や筋肉・細胞などが育つとても重要な時期なので
タンパク質や脂肪・カルシウム・リンをより多く必要とする。

特にカルシウムとリンの割合が重要で、不足しても過剰でも
骨が正常で成長できない原因となる。

この時期に体の基礎を作っておかないと
成犬になってからのトラブルが多くなる。



【維持期 約1歳~約6歳】 運動量や環境によって異なる
維持期

この時期は、犬の年齢や体重だけではなく
運動量や環境・ストレスの有無・去勢避妊の有無によって異なる。

健康を維持するためにも一日の必要なエネルギー量を確認し
動物性たんぱく質で構成された食事を選ぶ事が重要。



【高齢期 約7歳~】 年齢による疾患を防ぐ事が重要。
高齢期

高齢期には老化の進行を遅らせ、疾患を予防する栄養素が重要。
関節炎や消化疾患などの症状を防いだり、サポートする栄養素や成分
をくわえた食事を基本とする。


運動量は減っても必要なたんぱく質の量は基本的には維持期と変わらないが
消化機能が低下しているため、高品質で消化の良い食事を心がける。


| 食の豆知識 【食事編】 | 12:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6大栄養素

健康を維持しながら長生きするために
バランスよく栄養素を取り入れる必要があります。

タンパク質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルからなる栄養素を取り入れることが重要です。

【水】 栄養素を体内に運ぶ役目
他の栄養素や代謝産物・老廃物を運んだり、体温コントロール・消化などに
重要な役目を果たす。
ドライフードを食べている場合は、1日に必要なエネルギー量と同じくらいの
水を摂取する必要がある。

【タンパク質】 体の組織や体液などを作る構成成分
たんぱく質は体を作るうえで最も重要な成分で、エネルギーを共給する役割を持っている。
生命維持には欠かすことの出来ない重要なものです。

『主な食材』 
 ★動物性タンパク質・・鶏肉・牛肉・ラム肉・魚などに豊富。
 ★植物性タンパク質・・豆類・野菜・穀類などに豊富

【炭水化物】 エネルギー源として重要な栄養素
体内に吸収された炭水化物(糖質)は血中でグルコース(血糖)として存在し
各組織のエネルギー源になります。

『主な食材』
 ★でんぷん類・・米・麦・芋類
 ★野菜果物類
 ★きのこなど炭水化物の繊維質源

【脂質】 体の構成成分であり優れたエネルギー源
エネルギー源として必要ですが、過剰摂取すると皮下や腹膣に蓄積されます。
脂溶性のビタミンA・D・E・Kの吸収を助ける役目をします。

『主な食材』 
 ★動物性オイル・・鶏脂
 ★植物性オイル・・キャノーラ油・亜麻仁油・月見草油など

【ビタミン類】 毎日必要な種類を摂取
様々な生理機能をコントロールするビタミンはぜんざい20種類あり
体内で合成できないものは食物から摂取する必要がある。

『主な食材』
 ★肉類・・レバー・鶏のササミ
 ★魚類・・サケ・サンマ・イワシなど
 ★野菜・・小松菜・ブロッコリー・大豆・サツマイモなど

 《ビタミンA》・・目の機能を保つ。また皮膚や粘膜の健康維持や骨の成長に役立つ
     欠乏・・毛つやが悪くなり体重減少・食欲減退・繁殖障害・角膜障害など
     過剰・・骨がもろくなる。食欲減退・体重減少など

 《ビタミンD》・・カルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける。成長期に最も重要。
     欠乏・・骨や歯の異常・関節炎など
     過剰・・下痢・脱水・高カルシウム血症・食欲撃退・体重減少など

 《ビタミンE》・・抗酸化作用。脂肪の酸化を抑え老化防止(摂取しすぎると過酸化物質になる)
     欠乏・・繁殖障害・黄色脂肪症など
     過敏・・食欲撃退など
 
 《ビタミンB1》・神経系・筋肉。心機能を正常に保つ働き。肉体疲労にも役立つ。
     欠乏・・疲労・嘔吐・脱水・体重減少など
     過敏・・水溶性の為、体外に排出される

 《ビタミンB2》・脂肪の燃焼に役立つ。成長期に不可欠で、皮膚や粘膜の発育に重要。
     欠乏・・皮膚病・脱毛症・口内炎など
     過敏・・水溶性の為、体外に排出される

 《ビタミンB6》・タンパク質の代謝に関係。発育期や妊娠期に重要。貧血予防になる
     欠乏・・貧血・成長障害・神経機能不全など
     過敏・・水溶性の為、体外に排出される

 《ビタミンC》・・細胞と細胞を繋ぐ役目。骨の形成にも重要
     欠乏・・体内で合成可能
     過敏・・体内で合成可能

 《ビタミンK》・・カルシウムの吸収に作用。腸内で合成
     欠乏・・体内で合成可能
     過敏・・体内で合成可能


【ミネラル類】 必須分を過不足無く摂取することが重要
様々な生理機能に関与する必須ミネラルは16種類あり、中でも動物の体内に
多く含まれるカルシウムは骨や歯の構成要因として最も重要です。

 《カルシウム》・・骨を作る成分。正式に機能するためにはリンとのバランスが重要。
       欠乏・・骨の発育不全・四股の変形・筋肉の痙攣など
       過剰・・発育障害・骨の形成異常など
  
 《りん》    ・・・カルシウムと結合して骨を作る。脂肪や炭水化物の代謝も助ける。      
       欠乏・・骨の発育不全・四股の変形・筋肉の痙攣など
        過剰・・カルシウム欠乏症・クル病など

 《カリウム》 ・・・体液のバランスを保ち神経伝達や筋肉の動きを調整する。
        欠乏・・食欲減退・筋肉の麻痺・心臓障害・栄養失調など
     過剰・・食欲減退・栄養失調・不整脈など

 《マグネシウム》・アミノ酸をエネルギーに変える。生態機能の維持に重要
      欠乏・・発育不全・筋肉の虚弱・けいれんなど
        過剰・・下痢・泌尿器症候群など

 《鉄》      ・・体内に酸素を運ぶのに不可欠。体を維持する上で最も重要    
       欠乏・・貧血・虚弱・疲労など
       過剰・・体重減少・食欲不振など

 《亜鉛》    ・・たんぱく質の合成や新陳代謝に関係
       欠乏・・発育不全・皮膚障害・食欲不振
       過剰・・カルシウム欠乏症


必要な栄養素と言っても与えすぎは肥満の元!!

| 食の豆知識 【食事編】 | 20:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。