| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の落とし穴

■冬にしがちな油断■

寒いと感じる人間の感覚で部屋を暖めすぎる傾向がありますが、
人間が寒いと感じる20~23度がワンコにとっては
丁度いい温度
なんです。

冬でも熱中症になることもあるのでペットの為にとヒーターなど暖めすぎに注意

春生まれの子などや仔犬の時から室内で飼育されていた子などは寒さに弱い傾向が。

×■寒さ対策■×  
愛犬の為と思っても過保護は×
短毛種や老犬など寒さに弱いので、洋服を着せるほうがいい場合があります。

ただ、室内でも着せたままだと、寒さに対して益々抵抗力が無くなります。
暑さ寒さを管理する事も大切ですが過保護にならず、適度の寒さを感じさせるほうがよい。

【暖房器具の注意点】
毛長種は熱の程度を感じにくい傾向があるので、
ウトウトしているうちに低温やけどを負っている場合も多々あります。

又、ホットカーペットの上に直接クレートやハウスを置くのもダメです。
熱がこもってしまうためかえって熱中症を起しやすい。

ふかふかのベットは一見暖かそうに見えるけど、かえって寒く感じます。
冬はドーム型のベットにするかクレートに毛布など乗せるほうが暖かいです。

×■食事■×  
肥満防止ダイエットでも年中同じ食事でいいの?
室内犬と外では多少違いますが、冬のほうがカロリーが必要になります。

冬場愛犬が少々ふとってしまうのは自然の摂理で、
皮下脂肪により寒さから身体を守る為の自然の働きから来るものです。

肉類や卵黄、煮干しなど人間の食材を混ぜてあるのも手ですが、
ドライフード自体をカロリーの高めな子犬・妊娠犬用、
活動犬用等に切り替えるのも良いでしょう。

特に寒い日は、少し温めて上げる思いやりも必要です。

また運動不足にもなりがちなので適度な運動(散歩)もおすすめします。

○■冬のお手入れ■○
冬は乾燥しやすいので呼吸器系の病気に注意が必要です。

また、被毛は寒さから身体を守る犬の防寒着です。

お散歩や、シャンプー後の濡れた被毛は完全に乾かして上げなければなりません。
特に子犬の場合は、十分すぎるくらいの注意が必要で、
ドライヤーで地肌まで乾かして、完全に乾くまでは暖かい部屋から
出さない方がよいでしょう
スポンサーサイト

| 豆知識 【危険編】 | 09:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋の落とし穴

■秋にしがちな油断■

暑い夏が過ぎ、心地よい風が吹く秋はとても快適ですが、
これから迎える寒い冬に向けて体力つくりが必要です。

注意したいのは夏の間落ちていた食欲が戻ってきますので、
肥満になる子が増えます。

適度な運動を無理の無い程度に行うほうがよいでしょう。


○■秋のお手入れ■○

秋から冬にかけて抜け毛の季節です。
春ほど抜けるわけではありませんが、お手入れの重要性は同じです。

この頃は暖かさが残っているとはいえ、
シャンプーの後は念入りに乾かせるようにしましょ。

健康状態が悪いと、アンダーコートがきちんと生えない場合があります。
このままだと寒い冬の防寒対策が出来なくなるのでチェックをしましょう。


○■秋の健康管理■○

秋は温度が急激に下がったりします。
人間のように即座に温度調節が出来ないので、注意が必要です。

また寒くなると忘れがちですがまだまだ蚊が出る季節です。

フィラリアが11月下旬(地域によって異なる)まで投与しましょう。

| 豆知識 【危険編】 | 09:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の落とし穴 ~その2 熱中症~

熱中症とは、
体温が通常よりも高くなった状態から下がらなくなり体温調節が出来なくなる事。
そのままの状態で放置すると死にいたる危険性が!!

夏場の留守番は普段以上に気を配る事が大切です。

①冷えるマットを入れたクレートの中での留守番。。。×
  クレートの中は空気の流れが悪いので熱中症になりやすくなります。
  たとえエアコンをつけていても日光の当たる窓際だと同じように熱がこもり危険です。

②愛犬が自ら窓辺で昼ね。
  毛は直射日光から肌を守る役目も果たしています。
  毛の薄くなった状態のときに長時間直射日光を浴びるのは危険です。

  熱中症は自覚症状が無いまま進行するケースがほとんどで、
アツく感じて移動する時は手遅れになっていることもあるのです。

③いつもとかわらず遊んでいた。
  人間も同じですが興奮すると体温が上がります。
普段と同じ条件でも前日より気温が上がっている日などは特に注意が必要です。



【熱中症になりやすい子】 

①温度調節の出来にくい子犬やその機能が衰えた老犬
鼻の短い犬種は呼吸によって体温を下げる事が苦手
肥満犬
黒い毛は熱を集めやすくなるため、他の子より上昇しやすい。焦げ茶なども同様。
⑤心臓や気管系に持病がある子は体温を下げにくいので特に注意が必要。



【意外な場所でも注意が必要】
クーラーの効いた場所で熱中症になる子もいます。
慣れない環境による緊張で体温調節ができなくなる場合もあります。

【万が一熱中症になってしまったら】
体がアツく、呼吸が荒くグッタリしているのは危険な状態です。 
すぐに体を冷やしましょう。
近くに水場があるようなら、シャワーの水を体にかけるのが一番効果的!
とにかく水を沢山のませ、回復したように見えても動物病院へ行く事をおすすめします。

| 豆知識 【危険編】 | 09:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の落とし穴 ~その1~

日中は暑いから朝夕散歩に行ってるって方多いのでは?
ところが、人間が涼しいと思っても、
アスファルトにはいつくばった状態の愛犬にはまだまだ暑いのです。

朝の散歩は日が登りきる7時まで 
夜の散歩はアスファルトが冷めた10時半以降がベストなんです


【夏のお手入れ】
汚れなどが残っていると殺菌が繁殖し匂いの原因となります。
ニオイのきつい所が蒸れている所と思ってください。

ブラッシングは毎日行い、外から帰った後は、汚れた箇所を洗ってあげましょう。

春の内に冬のアンダーコートが抜け切っていなければ
熱射病の原因にもなりますので、早急に手入れをして上げましょう。

高温多湿の夏は細菌や外部寄生虫
最も繁殖しやすい環境になっているので、
毎日のブラッシングの時にチェックして上げる事と
垂れ耳の犬種は耳の中が蒸れて外耳炎にならないように、
何時も清潔に保つよう心掛けましょう


【夏の健康管理】
人間にとっての快適温度とワンコの快適温度は違います。
室温25度がチワワにとっては快適

直接クーラーの風があたるの良くないので調節しましょう。
また、ノミやダニ・蚊などの発生率も高くなっているので予防は忘れず行いましょう

| 豆知識 【危険編】 | 09:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春の落とし穴 ~その2~

【ノミの話】
山や河川敷に行かないから付くわけない!って思っていませんか?

確かにノミは河川に多いといわれていましたが、
最近の温暖化の影響で
どんな環境にも適応してノミ・ダニは生き延びているのです。

緑地=マダニと思っても思いすぎではないのです。

本当はドックランだって怖いんです。

ノミ・ダニの付いたワンコと接触しても感染するケースも増えているんです。
触れ合う場所に行くからこそケアが大事なのです。

【愛犬を守るために】
ノミ・ダニの寄生虫から愛犬を守るにはやはり定期的な予防が大切です。
フロントラインなど予防液やフィラリア対策の飲み薬も忘れないで下さい。

飼い主の心がけ一つで確実に愛犬を守れるのです。

【春のお手入れ】
春暖かくなると、毛の抜け変わる換毛の季節となります。
寒い間保温のために生えていた冬のアンダーコート(下毛)が不要となり抜け落ちるのです。

勝手に抜けるではなく、犬種によっては手入れを怠ると
抜けた毛が絡まって毛玉になり、蒸れて湿疹が出来たり、
これが原因で皮膚病になってしまうこともあります。

春の換毛期は特に毎日の手入れを丁寧に行い、
毛玉や皮膚に異常がないかチェックしなければなりません。

【春の健康管理】
人間にもいえることですが、
春は日中と朝晩の温度差も激しく体調を崩しやすくなります。日中暑いからと行って夜も同じ状態では寒すぎる場合もあります。
部屋の温度調節などこまめにチャックが必要です

| 豆知識 【危険編】 | 09:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。